東洋化工機株式会社│パイプライン│配管設備設計施工│メンテナンス│各種タンク│圧力容器設計施工│三重県四日市市

社史沿革

昭和31年 現会長の二井重吉が鉄工業を個人営業で創業し、当時四日市の旧海軍燃料廠を解体して、跡地に日本最初の石油コンビナートが建設されるにあたって、石油化学プラント配管等の多くの工事を受注し、コンビナート各社の協力業者となる。
昭和36年 事業を法人化して東洋化工機株式会社を設立し二井重吉が社長に就任。資本金300万円。
本社工場を四日市市塩浜町3-47に置く。
昭和37年 東京営業所を東京都港区琴平町に開設し、営業部門の拡大を図る。
大協石油四日市製油所内に出張所を設け、専属業者となる。
資本金600万円に増資。
昭和42年 現在の本社地に用地を取得して本社工場を移転。
昭和44年 東京営業所を東京支店に改称し、東京都港区琴平町関東ビルに移転。
昭和45年 工場の隣接地(2,000坪)の用地を取得し、本社工場および事務所建設を行う。
昭和49年 資本金を1,800万円に増資。
昭和50年 資本金を3,000万円に増資。
昭和61年 東京支店を東京都中央区京橋に移転。
昭和62年 本社工場の隣接地(1,000坪)の用地を取得して倉庫および施設の増設を行う。
平成 2年 本社工場西所有地に本社事務所を建設。
平成 4年 資本金6,000万円に増資。
平成 7年 二井重美が社長に就任。
平成 9年 和歌山市西浜に和歌山工場を建設。
平成16年 東京支店を東京都港区新橋に移転。
平成18年 東京支店を横浜市鶴見区(現在地)に移転し横浜支店と改称する。
平成23年 創立50周年を迎える。
平成24年 二井悠介が社長に就任。
history_img